レーシックで視力が回復するってマジ!?

数時間ごとに手術当日は、目薬をささないそしたらならない。

 

保護のための眼帯を寝るときは、使用をします。

 

レーシックの手術後のサポートケアにつきまして説明をします。

 

クリニックによりまして術後検診の回数は、ことなるのでしょう。

 

それに、角膜が手術時には吸引させられるシチュエーションがあるのなので、術後もその影響で白眼の充血が続くときがあげられます(時間が経つと消えていくこととします)。

 

どっちかの眼の視力が上がらないでしましたり、気に触る事などといいました事があったのだったら、担当医に相談してみてほしい。

 

また異常が発生した時は、早々にこれの時期とは関係無しに、診察を受けるようにしてほしい。

 

検診を1週間後受けましてます(3日後、4日後検診などをクリニック次第では、するだけはあげられます)。

 

1ケ月後、3ヵ月後、6ケ月後にあとは、検診をうけるのです。

 

検診を手術をした翌日には受けます。

 

コレは必須デス。

 

この時点では視力がまだ安定せず、落ち着かない感じだとおもいます。

 

麻酔が多少きれると痛みがでたりするケースもあげられますから、早めにお休み下さい。

 

各種点眼薬、内服薬、保護の為のメガネなどのサポートケア用品をレーシック後は、渡されているのです。

 

眼を手術後にこすったり、ゴミやほこりが持ち込んだり、何かがぶつかって傷ついたりするのを防ぐために保護用のメガネは、1週間くらい使用をします。

 

ドライアイ気味にレーシックの後はなるんですから、数時間ごとに目薬をさすのようにして下さい。

 

これにつきましては各クリニックの指示にしたがってください。

 

お風呂に手術当日は入れませんし、飲酒・喫煙も出来ません。

 

すべての人のレーシックの手術体験談を見聞きしてると、さまざまな点におきまして、レーシックということはとても個人差があらわれている手術のようです。

 

術後の経過に対しても人おのおのですので、早々に何かあるならばクリニックに相談してみてください。

 

 

 

トップへ戻る