レーシックで視力が回復するってマジ!?

他にも「イントラウェーブフロントレーシック」と呼びますものがレーシックにはあって、ウェーブフロントレーシックとイントラレースおのおのの近視治療をコレは組み合わせたものデス。

 

ふつうのレーシックと比べ次みたいにイントラウェーブフロントレーシックでは、治療を受けられる人の幅もふつうのレーシックでは難点とさせられる部分が解消をされまして、広がっているなどの良い点があるのです。

 

またウェイブフロントアナライザーとよばれる検査機器をこのレーシックの手段ではもちい、波面として眼球全体を捉えたものを波面解析技術によりまして眼光学的に解析する事により、高次元の近視や乱視より収差の検出が可能になるのでしょう。

 

そうして直接検出をされました収差の情報をリンクし、エキシマレーザーをその収差を無くすため照射する事により、わずかな歪みも矯正する事からより見えクリアに方がなるとされてるのです。

 

ですから眼鏡とかコンタクトレンズできょうまでは矯正することの方が不可能とされた不正乱視も矯正が可能で、レーシックと比べさらに作成のフラップも薄いことから、角膜が薄いレーシックでは不可能とされた人であったとしましても治療が可能な手術方式なんです。

 

スタンダードに現在行われるレーシックに比べイントラウェーブフロントレーシックの良い点は作成のフラップが薄くそしてより正確にフラップを作成するコトができる事です。

 

そうやることで削り取れる角膜実質層の量がふつうのレーシックに比べ増えますから強度近視を普通のレーシックではむずかしいとさせられる矯正出来るとされてます。

 

さらにエキシマレーザーの照射サイズを個々に一緒に変更することにより夜間瞳孔径のでかい人、乱視が強い人にはふつうのレーシックの手術したあとに起こるとされてた、夜間に光がにじんで目に入ったりといいました見え方の不満が解消をされているのです。

 

レーシックの手術後に場合によって層間角膜炎(DLK)が発症する実現性があることや、イントラウェーブフロントレーシックのデメリットは、フラップの作成や接着に時間が掛ってしまうことがあります。

 

 

 

トップへ戻る