レーシックで視力が回復するってマジ!?

手術の成功の割合がレーシックは90%を超えていることからもわかりますように、視力の回復を実現する事が強度近視などの人以外は、可能な手術です。

 

けれども、多種多様な合併症の視力の回復とは別に、起こりやすい手術であることも真実なんです。

 

失敗して失明する実現性につきましてではレーシックを含め眼の手術を検討する際に心配なのは、ないか?ちゃんととした説明をクリニックでもうけてください。

 

1990年にギリシャで少なくても初めての手術が行われて以来現在まで、一人もレーシックによりまして失明をした人はいないと言い聞かされてます。

 

「見え方の質が視力がアップしても低下する」ということがあげられます。

 

この話を聞くと、安心をチョットしますよネ。

 

では、レーシックに関連する失敗事例としましては失明の可能性がないそしたら、どういうなものが考えれるかみていこう。

 

結論からいうと、100%とは手術ということでいえませんが、その可能性はレーシックにつきましては殆んどないといっていいでしょう。

 

コレはとても残念ですが、ホントの事です。

 

健康や命に関わるみたいなものでではなくレーシックの合併症については、「眼が乾く」とか「見え方の質が低下する」といいました内容のものが多いようです。

 

術後3〜5%の割合で、強度近視(-6D)以上の人には、視力の回復が得られないでしましたり、近視の再発(視力の戻り)が起こったりするケースが報告さているそうだ。

 

ということで、その所を解ったうえで強度近視の人は手術にのぞむ必要があるのです。

 

元々のその人達の眼の状態に左右をさせられるという事です。

 

はじめに考えられるのは、希望どおりに視力が回復をしないといいますのがあげられます。

 

「視力1.0以上にレーシックを受けた人の90%以上がなった」というようなフレーズがよく聞かれますが、近視の度合いが強いほど視力矯正手術におきましては、手術の効果があらわれにくくなるのでしょう。

 

 

 

トップへ戻る